愛犬の転倒対策に!ペット用コーティングがおすすめ

ペット用コーティング
この記事は約4分で読めます。

大切な愛犬の怪我…。実は、家の中での事故が一番多いんです。

大切な愛犬が怪我をしてしまったら、辛いですよね…。

愛犬が怪我をしてしまう事故は、実は家の外よりも家の中が一番多く、75%※を占めています。
(※参照:アイペット損保|うちの子 HAPPY PROJECT×骨折)

愛犬がフローリングで滑って転倒し、怪我をしてしまうことも少なくありません。

家の中の事故75%

今、お使いの床にコーティングするだけで、愛犬が転びにくくなります。

愛犬の転倒対策のために、「ペット用コーティング」がおすすめです。

「ペット用コーティング」とは、キズがついてしまったフローリングのリペア(補修)と、紫外線照射による瞬間硬化で短期間施工を実現したUVフロアコーティングです。

ペット用のフローリングより塗膜厚が10倍と厚く、強靭な保護膜で床をしっかりガードします。

ワックスがけの必要がなくなり、お手入れのしやすさも抜群です。

愛犬の転びにくさが飛躍的に向上し、愛犬も人も安心の生活を実現します。

ペット用コーティングが選ばれる理由

Point01 ワックス不要

ワックス要らず!水拭き程度でいつまでもピカピカ!

Point02 耐久性が抜群

コーティングで表面硬度が上がりツメによるキズを抑えて、輝きを維持

Point03 耐薬品性

ペットの尿や洗剤、食用油、薬品によるシミの心配も無し

Point04 環境にやさしい

耐水性でコーティング後は有機溶剤を放出しないのでシックハウスやお子様のいらっしゃるご家庭でも安心

Point05 滑りにくい

コーティング後は滑りにくくなりペットや高齢の方、お子様にも安心・安全

Point06 スピード仕上げ

紫外線照射による瞬間硬化で1日で工事完了!作業終了後はすぐに入居可能

「ペット用コーティング」はこんな方におすすめ

  • 愛犬を我が子のように可愛がっている方
  • マンション・戸建を購入した方、購入予定がある方
  • 床のリペア(補修)をお考えの方
  • 高齢の方や小さなお子さんがいらっしゃるご家庭
  • 10年・20年先も床を綺麗に保ちたい方
  • 家の資産価値を守りたい方

お客様の声

ペット用コーティングをやろうと思ったきっかけは、愛犬の骨折でした。

ある日、愛犬が遊んでいる時に、フローリングで滑って転んでしまったんです。すぐに動物病院に連れて行ったところ、骨折していることがわかりました。

結局、手術と入院をすることになってしまい、「私がもっと注意してあげていれば良かった…」と本当に悔やみました…。 治療費も、保険ありでも30万円くらいかかってしまい、急な出費で苦労しました…。

愛犬は今は元気になりましたが、そのことをきっかけに、フローリングで愛犬が滑らないための対策をしようと考えるようになりました。その時に知ったのが、床のコーティングです。

実際、コーティングを導入してから、愛犬が滑ることはほとんどなくなりました!

もしかすると、激しく駆けずり回るわんぱくな子だと滑ってしまうこともあるかもしれませんが、我が家の場合は思った以上に効果的でした!思い切って「ペット用コーティング」を導入して良かったです。

(横浜市青葉区在住 M.T様)

よくあるご質問

コーティングはどれくらい保ちますか?

皮膜の耐久性は10年以上です。

「ペット用コーティング」とワックスの違いを教えてください

ワックスの場合、定期的に塗り直す必要がありますが、「ペット用コーティング」の場合、耐久性が高く、10年以上保ちます。
その他の効果も、「ペット用コーティング」のほうが勝っています。

水性ワックス ペット用コーティング
耐摩耗性
防滑性
光沢維持
耐水性
耐薬品性 ×
耐熱性 ×

◎水拭き等で現状維持/○使用年数により劣化します。

お手入れ方法を教えてください

コーディングには防汚効果があるため、汚れは水拭きでも落とせますが、頑固な汚れの場合は、中性洗剤等をお使いいただいても大丈夫です。

すぐにコーティングが剥がれてしまうことはありませんか?

沸騰したお湯をこぼしても大丈夫なほど強い素材ですので、簡単に剥がれてしまうことはありません。(ただし、床自体を深く傷付けてしまった場合等で剥がれてしまうことはありますので、絶対に剥がれないものではありません。)

ペットのおしっこでシミになってしまうことはありませんか?

コーティングには防汚効果があるため、すぐに拭いていただければ大体のシミは防ぐことができます。(ただし、絶対にシミにならないわけではありませんので、床が汚れてしまった場合はお早めのお手入れをおすすめいたします。)

ペットが床をなめてしまっても大丈夫ですか?

塗膜は紫外線照射により完全に硬化しますので、愛犬が床をなめてしまっても大丈夫です。また、シックハウス規定もクリアし、UV樹脂類は「F☆☆☆☆」(JIS規格)を取得しているため、愛犬の身体にも、人の身体にも安心です。

お問い合わせ

お名前必須
メールアドレス必須
TEL必須
お問い合わせ内容必須

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました