桃は犬に与えてもOK!桃の缶詰や桃ゼリーはNG!その他注意点も…

桃 食事
この記事は約6分で読めます。

飼い主さんが桃を食べていると、愛犬が近寄ってきて欲しがることはないでしょうか。甘い匂いのする桃に興味を持つ犬は多いようですが、この桃は犬に与えても良いのでしょうか。

結論から言うと、桃は犬に食べさせても大丈夫な食べ物です。ただし、注意点が多い食べ物ですので、積極的に与えることはおすすめしません。

特に、桃の種と未成熟な桃は絶対に与えないようにしてください。桃の種と未成熟な桃には、有害な物質が含まれていることと、種は喉や腸に詰まる恐れもあるためです。

今回は、

  • 犬に桃を与える際の注意点
  • 犬に桃を与えるメリット
  • 犬に桃を与える場合の適切な与え方

などを解説します。

犬に桃を与える際の注意点

犬に桃を与える際の注意点1:桃の種と未成熟な桃は与えない

冒頭でもお伝えしたとおり、桃の種未成熟な桃絶対に与えないようにしましょう。

桃の種や未成熟な桃には、「アミグダリン」という物質が含まれています。アミグダリンが体内に入り、分解されると「シアン化水素」が発生します。

この「シアン化水素」は毒性が強く、有害な物質です。

シバ
シバ

アミグダリン自体が有害なわけじゃないんだ

大量に摂取しなければ大事に至ることはないとは言われていますが、絶対に与えないようにしましょう。

《シアン化水素の致死量
シアン化水素の致死量は60mg
(青梅100300個の量に相当)
《市販の桃は食べて平気?》
「アミグダリン」は完熟するにつれ少なくなるため、市販の桃は危険なものではありません。ただし、ごく少量は含まれているため、与えすぎには注意が必要です。

また、桃の種を飲み込んでしまった場合、喉や腸に詰まる恐れもあります。最悪の場合、腸閉塞になり命に関わります。

万が一、未成熟な桃を食べてしまった場合や桃の種を飲み込んでしまった場合は、すぐに獣医師に相談するようにしましょう。

犬に桃を与える際の注意点2:与えすぎない

桃は糖分が多く、高カロリーのため、与えすぎないようにしましょう。

桃を与えすぎると肥満や虫歯の原因になったり、嘔吐や下痢を起こす場合もあります。

愛犬に桃を与える場合は、下記の「犬に桃を与える場合の適切な与え方」を参考に与えましょう。

《桃のカロリー》
100gあたり40kcal

犬に桃を与える際の注意点3:アレルギー

桃はアレルギーが起こりやすい食べ物の一つですので、桃にアレルギーがある犬には与えないようにしましょう。

他の食べ物にも言えることですが、少量から与え、様子を見るようにしてください。

桃を与えた後、なにか変わった様子があれば、すぐに獣医師に相談するようにしましょう。

また、事前にアレルギー検査を受けることを推奨します。

犬に桃を与える際の注意点4:桃の缶詰や桃ゼリーは与えない

桃の缶詰は糖分が大量に含まれているので、虫歯や肥満の原因になります。桃の缶詰は与えないようにしましょう。また、人間用の桃ゼリーも糖分が多いのでNGです。

犬に桃を与える際の注意点5:皮は与えない

桃の皮は消化がしづらいので、皮は剥いてから与えるようにしましょう。

犬に桃を与えるメリット

前述の通り、桃は注意点が多い食べ物なので、積極的に与えるべきではありません。ただ、桃を与えるメリットもありますので、適切に与えれば犬の健康に役立ち、また楽しみの一つとなるかもしれません。

犬に桃を与えるメリット1:ビタミンが豊富

桃にはビタミンCやビタミンEが含まれています。

《ビタミンCの効果》
・抗酸化作用
・老化防止
・コラーゲンを生成
・免疫機能のサポート
・体内の異物を解毒
・皮膚組織の働きを活性化
シバ
シバ

犬は体内でビタミンCの合成が可能だよ

メリー
メリー

でも、足りなくなることもあるのよね。だから外から摂取することも必要なの。

《ビタミンE
抗酸化作用
・老化防止
・血流の改善
・貧血防止

犬に桃を与えるメリット2:カテキン

桃にはポリフェノールの一種である「カテキン」が含まれています。

  • 動脈硬化
  • 心臓病・抗がん作用
  • 抗酸化作用
  • 血管・血流改善

などの効果があると言われています。

犬に桃を与えるメリット3:カリウム

桃には「カリウム」が含まれています。「カリウム」には体内の余分な塩分(ナトリウム)を排出する働きがあります。

犬に桃を与えるメリット4:便秘解消

桃には食物繊維が豊富に含まれています。そのため、便秘解消の効果が期待できます。

《桃に含まれる食物繊維》
100gあたり食物繊維が1.3g
メリー
メリー

バナナより桃のほうが食物繊維は多いわ

シバ
シバ

でもお腹が弱い子は注意が必要だね

犬に桃を与えるメリット5:夏バテ予防

桃は88%が水分で出来ているので、水分補給にも効果的です。

シバ
シバ

冷えた桃は夏バテ対策にもなるね!

犬に桃を与える場合の適切な与え方

犬に桃を与えるときは、下記のように与えましょう。

《犬に桃を与える時のポイント》
・人間用に加工されていない生の桃を与える
熟している桃を与える
・皮をむき、タネを確実に取り除く
小さくカットして少量与える
《犬に与えて良い桃の目安量》
20g程度(1/10個くらい)
超小型犬の場合は、10g程度

前述の通り桃にはメリットもありますが、あくまでおやつとしてたまに与える程度に留めましょう。

まとめ

桃は犬に食べさせても大丈夫ですが、注意点もあります。

《犬に桃を与える際の注意点》
・桃の種と未成熟な桃は与えない
・与えすぎない
・アレルギー
・桃の缶詰や桃ゼリーは与えない
・皮を与えない

注意点を守って与えれば、犬の健康に役立つ効果もあります。

犬に桃を与えるメリット》
・ビタミンが豊富
・カテキンを摂取できる
・カリウムを摂取できる
・便秘解消
・夏バテ予防

犬に桃を与えるときのポイントは次のとおりです。

《犬に桃を与える時のポイント》
・人間用に加工されていない生の桃を与える
・熟している桃を与える
・皮をむき、タネを確実に取り除く
・小さくカットして少量与える
桃は注意点が多い食べ物ですので積極的に与えるべきではありませんが、もし愛犬が桃を欲しがるようならたまにご褒美として少量与えてみてはいかがでしょうか。
犬に必要な食べ物・飲み物は、ドッグフードと新鮮な水のみです。本記事はドッグフード以外の食べ物・飲み物を与えることを推奨するものではありません。
ただ、食事は健康な体を維持するためだけではなく、人と同じように犬にとって食べること自体が楽しみの一つでもあります。
そのため、基本的にはドッグフードと水のみを与えるべきですが、たまの楽しみとして、ドッグフード以外の食べ物・飲み物を与えても構いません。
ドッグフード以外の食べ物・飲み物を与える際は、犬が食べられる物なのかということはもちろんのこと、適切な与え方を守った上で与えるようにしてください。また、事前に獣医師と相談することを推奨します。
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました