まぐろの刺身は犬に与えてもOK!ただし刺身の種類によっては食中毒の危険性も

犬 刺身 食事
この記事は約5分で読めます。

お刺身を食べていると愛犬が食べたがることもあるかもしれませんが、お刺身の種類によっては食中毒の危険性があるため、注意が必要です。

まぐろのお刺身は少量であれば、犬にも与えることができます。

シバ
シバ

お魚って美味しいよね~

メリー
メリー

魚っていうと猫のイメージだけど、魚が好きな犬は多いのよね

今回は、犬にお刺身を与える際の注意点などについて解説いたします。

犬にお刺身を与える際は要注意!種類によっては食中毒の危険性も

冒頭でもお伝えしたとおり、犬にお刺身を与える際には注意が必要です。

特に、下記の魚にはアニサキス寄生虫がいる可能性があるため、生のままで与えるのはあまりおすすめできません。

《アニサキスが寄生する魚》
鮭、サバ、かつお、いわし、サンマ、イカ、アジ 等

また、特に川魚にいる寄生虫が原因で中毒を起こす可能性もあるため、川魚には特に注意するようにしましょう。

食中毒になると激しい腹痛、下痢、嘔吐などを引き起こす場合もあるため、火を通すほうがより安心して与えることができます。

シバ
シバ

まぐろは冷凍されるから安全性が高いって言われているよ

犬がお刺身を食べてしまった時には、よく様子を観察し、何か変化があるようなら速やかに獣医師に相談するようにしましょう。

まぐろのお刺身は食べても大丈夫!ただし、与え過ぎはNG!

まぐろのお刺身は一度冷凍をされているため、アニサキスの危険性は低く、少量であれば犬に与えても大丈夫と言われています。

まぐろの赤みにはタンパク質、血合いには鉄分やタウリン、トロにはEHAやDHAなど、様々な栄養素が含まれています。

そのため、犬の健康維持にも役に立つのではないかと期待されています。

特に、EPAやDHAは、血中の中性脂肪やコレステロールを低下させる作用があると言われています。

メリー
メリー

痴呆症にも効果があると言われているわ!

ただし、犬にまぐろのお刺身を与える際には注意点もありますので、確認しておきましょう。

犬にまぐろのお刺身を与える際の注意点1:与えすぎない

健康に良いまぐろであっても、与えすぎてしまうとよくありませんので、たまに少量を与える程度にしておきましょう。

シバ
シバ

大量に食べた場合、水銀を摂取しすぎてしまう恐れがあると言われてるよ

犬にまぐろのお刺身を与える際の注意点2:わさびや醤油がついたマグロはNG!

言うまでもなく、わさびや醤油がついたマグロは与えないようにしましょう。

メリー
メリー

味付けされているものは与えては駄目よ!

犬にまぐろのお刺身を与える際の注意点3:古いお刺身はNG!

こちらも言うまでもないことですが、古いお刺身を与えるのは良くないので、なるべく新鮮なうちに与えるようにしましょう。

犬にまぐろのお刺身を与える際の注意点4:アレルギー

どの食べ物にも言えることですが、お刺身を食べたことによってアレルギーを起こしてしまう場合もあります。

まぐろのお刺身自体は、犬にとっては危険なものではありませんが、初めて与える際には少量から与えて様子を見るようにしましょう。

《青魚はアレルギーを起こす可能性がある》
アジ・サバ・イワシなどの青魚は、火を通してあってもアレルギーを起こす可能性があるため、注意が必要です。

犬にまぐろのお刺身を与える際の注意点5:市販のツマは与えない

お刺身についているツマは大根を細く切ったものですので、犬に与えることもできます。

ただし、スーパーのお刺身についているツマは時間が経って細菌が増加していることもあるため、あまりおすすめできません。

ご自宅で作ったツマでしたら、与えても大丈夫です。

《生魚を与える以上、リスクはある》
生魚を与える以上、いくら注意点を守ったとしても、食中毒やお腹を壊すなどのリスクはあります。たまに一切れ、二切れ与える程度であれば、殆どの場合体調を崩すということはありませんが、心配なようであれば、火を通してから与えるほうが良いでしょう。
シバ
シバ

魚入りのドッグフードもあるから、無理にお刺身を与える必要はないよ!

メリー
メリー

まぐろをフリーズドライした犬用おやつもあるわよ

まぐろの犬用おやつでは、フリーズドライ製法のものや、まぐろの骨を加工したおやつなども販売されていますので、そういったものを与えても良いですね!

まとめ:まぐろのお刺身は犬に与えてもOK!他のお刺身は種類によっては要注意

もともと犬は雑食ですので、お刺身を与えたからといって危険ということはあまりありません。

ただ、魚の種類によっては、アニサキスが寄生している可能性があるお刺身もありますので、注意が必要です。

その他にも、生魚を与える以上はある程度リスクがありますので、魚が含まれる犬用のおやつやドッグフード、火を通した魚を与えるほうが、より安心して与えることができます。

なお、火を通した魚を与える際は、骨をしっかりと取り除くようにしましょう。

まぐろのお刺身は犬に与えても基本的には問題ないと言われていますが、与える際には注意点もありますので確認しておきましょう。

《犬にまぐろのお刺身を与える際の注意点》
・与えすぎない
・わさびや醤油がついたマグロはNG!
・古いお刺身はNG!
・アレルギー
・市販のツマは与えない

少量であればお刺身を食べて何か症状が出てしまうということはあまりありませんが、万が一、愛犬がお刺身を食べたことで何かしらの症状が出てしまった場合は、速やかに獣医師に相談するようにしましょう。

犬に必要な食べ物・飲み物は、ドッグフードと新鮮な水のみです。本記事はドッグフード以外の食べ物・飲み物を与えることを推奨するものではありません。
ただ、食事は健康な体を維持するためだけではなく、人と同じように犬にとって食べること自体が楽しみの一つでもあります。
そのため、基本的にはドッグフードと水のみを与えるべきですが、たまの楽しみとして、ドッグフード以外の食べ物・飲み物を与えても構いません。
ドッグフード以外の食べ物・飲み物を与える際は、犬が食べられる物なのかということはもちろんのこと、適切な与え方を守った上で与えるようにしてください。また、事前に獣医師と相談することを推奨します。
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました